2016年02月04日(木)

《新商品》ル・プティ・レオのご紹介

こんにちは。キュベクルールの片岡です。

ついに!新商品の販売を開始しました!

思えば苦難の道のりでした・・・

フランスまで行かせていただきワインの調達をしたのも束の間、初めて経験する貿易業務。

お酒の輸入にはいろいろと規制もあり、想像以上に大変なものでした。

キュベクルールのワインは、「美味しいかどうか」で選んでいて、ほぼすべて日本未入荷のものばかり。当たり前ですが、日本国内に情報はほぼ皆無なのです。

限られたフランスでの時間で得られた情報だけでは不十分。正直、ワインの読み方から調べなければなりません。

気合と根性で現地フランスのサイトを調べあさり、ネット翻訳を駆使して情報を蓄積していく作業は、まさにパズルのピースを埋めていくような作業。

そして荷物が日本に到着したかと思ったら、数が違うだのラベルがないだの・・・

そしてフランス訪問から苦節5ヶ月!

満を持して新商品のご紹介です!!

今回は、当サイトのワインを監修いただいている篠原麗雄さんが造った、

Le Petit Leo (ル・プティ・レオ) 2013 をご紹介します。

_2013_1_5
ル・プティ・レオ 2013

ル・プティ・レオは、Clos Leo(クロ・レオ)のすぐ隣に位置する醸造所 P.Lバラードで作られたワインで、2013年が初ヴィンテージです。

麗雄さんがP.Lバラードのオーナー、バラード氏と初めて出会ったのは2002年。ベルベス・ド・カスティヨンにクロ・レオを設立した当初より、隣人であるバラード氏にこの地区の土壌の特徴等を教えてもらい、またクロ・レオの畑の作業も行ってもらっていました。

バラード氏はボルドー大学の醸造学科で学び、エノログ(ワイン醸造技術管理士)の国家資格を持っています。彼はクロ・レオと同じテロワールの粘土石灰質土壌や砂利や砂質等の土壌のブドウ畑をカスティヨンに40ヘクタール所有している、醸造家・篠原麗雄の育ての親の一人。

ル・プティ・レオのセパージュは、メルロが80%、残りの20%がカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネフランです。醸造は100%ステンレスタンクで行っています。暖かみを感じる色合いのエチケットには、2匹の愛らしい仔ライオンがデザインされています。

2013年は雨が非常に多い年で、開花は平年通りだったものの、花振るいや雹などの被害を受けて生産量が非常に少ない年でした。このワインは今すぐでも飲みやすく、十分美味しいですが、数年おいてから楽しんで頂いても良いと思っています。

飲む前に常温に戻し、デキャンタージュを行うか、もしくは事前にコルクを抜いておくことをおすすめします。時間が経つにつれて、味わいが優しく変化します。

ボルドー全体として優しい味わいの2013ヴィンテージとあってか、ブルゴーニュのピノ・ノワールを彷彿とさせるようだとの声もいただいています。クロ・レオのセカンドワインというよりは、全く違った位置付けのワインという印象です。

芦屋にあるキュベクルールのお店では、早くも人気のワインになっているそう。

ぜひお試しください!

→Le Petit Leo (ル・プティ・レオ) 2013 はこちら