2016年01月27日(水)

フランス滞在記Vol.5~篠原邸のバーベキューパーティー~

8時起床。
うぅ、腰が痛い。
気がついたら床で果ててました。。
今日は朝から麗雄さんの息子さん、ルカ君をリブルヌの小学校(遠い!)に送るのに着いていき、
帰りに月曜日しかやってないというマルシェに立ち寄りました。
ルカ君は大人の都合で5分遅刻。ごめんね!
お昼にまた新しい来客が4人来て、バーベキューをするということで、
野菜・お肉・魚介・フルーツと新鮮な食材をガッツリと調達。
DSCF5108
お肉のボリューム、これくらいが普通です。
DSCF5114
丸鶏もおいしそう!
DSCF5100
見たことない魚に興味津々です。
DSCF5089
トマト!トマト!トマト!
家に戻り、麗雄さんはとりあえずのシャンパンを抜いてくれました。
昨日飲んだワインの空き瓶を並べてみると・・・
すごいな、これ。
DSCF5125
DSCF5126
これ、一晩で飲んだワインです。
ほどなくして、お客様が到着。
麗雄さんはしばしばこうしてお知り合いを招待してパーティーをされるようです。
聞けば皆さん芸術家だったりシェフだったり、その道のプロ的な方々のようです。
そんな人たちが集まってワイワイ。海外ならではのオープン&フレンドリーな感じがいいですね。
料理のメインは麗雄さんの畑のブドウの木を使った熟成肉の炭火焼。
またこれがとんでもなく美味いときた。
すっかり肉食になりました、僕。
DSCF5139
シャンパンのテタンジェ1983年。超微炭酸です。年代ものの梅酒のような味でした。
DSCF5140
よさげなワインを次々と開けるレオさん。男前です!
DSCF5141
ブドウの木の炭火焼バーベキューが始まります。
DSCF5152
このお肉が・・・
DSCF5154
キレイに盛り付けられました。あー思い出してきた。食べたい!
白昼のパーティーもたけなわ、夕方には三々五々皆さん帰って行きました。
実は今日は麗雄さん宅の向かいにあるホテルに泊まることになっていたんですが、
麗雄さんも僕たちもどっと疲れが出てしまったようで、
いったんホテルにチェックインして夕食まで休憩することに。
ホテルの名前は「Chambre d’Hôtes l’Etang aux Rainettes」(読み方不明)
ホテルといっても日本でいう民宿チックな佇まい。
※こんなところでした。http://www.etangauxrainettes.fr/
このホテル、1部屋しかないんです。
でも侮るなかれ、このホテル、Booking.comの評価が9.7点と超高得点なのです。
まさに隣の家に入っていく感じで宿主を呼ぶと、
初老の女性が出迎えてくれました。
部屋はリノベーションされていて、キレイです。
機能床で寝たことを考えると、ベッドが嬉しい!
・・・
どれだけ寝たんでしょう。
ずっと暗いのでわからなかったんですが、
気が付いたら夜の9時を過ぎているではないか!
僕も中本も想像以上に疲れていたらしく、全く起きることができませんでした。
麗雄さんに連絡して今日はもうお休みにしよう、と。
そうです。
明日はついにワインの買い付け。
メインはこのためにフランスに来たんですよね、僕ら。
明日を万全の状態で迎えるためにと自分たちに言い訳をして、そのまま目を閉じたのでした。