2016年10月24日(月)

金賞赤ワイン4本セット販売開始のお知らせ

こんちには!キュベクルールの片岡です。

久々の更新失礼いたします。

すっかり涼しくなってまいりました。

ボルドーではメドックマラソン2016も終わり、ワインの仕込みが最盛期を迎えていることでしょう。

さて、今回は「金賞赤ワイン4本セット」のご紹介です。

gold

いや正直、僕自身がこの「金賞」の謳い文句で残念な思いをしてきた経験もあるんですが、

本当に個性豊かでおいしい金賞ワインがいくつかありましたので、思い切ってセットにしてみようと思います。

では早速、気になる中身のご紹介に参りましょう!

シャトー・ジャロン 2010 赤

01_2_2

キュベクルールOPENから販売している、当店の定番デイリーワイン。

ボルドー・アキテーヌ・ワインコンクール2011金賞です。

ボルドーワインのコンクールではおそらく一番有名なコンクールで、

毎年3,000~4,000本程度の候補の中から、2割程度が金・銀・銅メダルを獲得するそう。

結構獲得するんやな・・というのが正直な感想。

このワイン最大の特徴は、熟成時に素焼きの壺(ジャロン)を用いるという手法です。

これにより、自然な環境でワインと酸素が交わり、口当たりの柔らかな発酵を実現しています。

 

シャトー・ラ・クロワ・サン・ピエール 2013 赤

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab

フェミナリーズ女性ワインコンクール2014金賞。このワインを試飲したときの紹介者は「ボーヌ女性コンクール」と言ってました。

このコンクールは一風変わっていて、審査員が上級ワイン愛好家の女性のみ。

よって、より女性好みのワインが選ばれています。

このワインもご多聞に漏れず、優しくて飲みやすさ重視のワインです。

もぅグビグビいけちゃいます。

 

シャトー・ラングラニャット 2013 赤

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%88

ボルドー・アキテーヌ・ワインコンクール2015金賞。

2013年ビンテージのワインは、比較的軽めの出来のものが多いんですが、

このワインはしっかりとしたボリュームがあり、カベルネ・ソーヴィニヨン種由来の酸味、スパイシーさがよく出ています。

一方、甘みは控えめになっていて、脂っぽい肉料理とあわせていただくと抜群の相性を発揮します。

 

シャトー・ペイノー 2010 赤

%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%bc

ボルドー・アキテーヌ・ワインコンクール2014金賞。

これはですね、、僕のお気に入りの1本です。

2010年はブドウの生育が良かったボルドーワインの当たり年といわれていて、

6年の時を経て熟成が進み、色合いも香りもまさにグレート・ビンテージにふさわしい状態です。

試飲したときに思わず「おいしい!」と言ってしまいました。

ぜひ飲んでみてほしいワインです。

 

以上、簡単に今回のセットの説明でしたが、

金賞というのは、まぁあくまで目安程度にお考えください。

金賞でもおいしくないワインもたくさんありますし、そのまた逆も然りですから。

ただ、この4本はおいしいですよ!

これからワインが飲みたくなる季節、ぜひお食事のお供に、パーティーに、

金賞赤ワイン4本セットをよろしくお願いします。