Zoom

前へ 次へ

ステファン・エルベール "キュヴェ トラディション" NV 泡 V プルミエ・クリュ

在庫状況: 在庫切れ

5,900円(税込)

商品の概要

3種のブドウを程よくブレンドした、ステファン・エルベールのやり方そのものを反映させたキュベです。

赤系果実や白い花の驚くべきアロマの数々が感じられ、味わいはまろやかで新鮮も感じられ、柔らかい果実味が凝縮しています。



友人との集まりや夜の食事会などのアペリティフとして、理想的なシャンパーニュです。

4573126210418

この商品の最初のレビューを書きませんか?

ボリューム軽い■■□□□重い
甘 みドライ■■□□□甘い
酸 味まろやか■■■□□シャープ
果実味スパイシー■■■□□フルーティ
年 代NV
容 量750ml
品 種シャルドネ40%/ピノ・ノワール30%/ピノ・ムニエ30%
テイストやや辛口
アペラシオンシャンパーニュ
格 付プルミエ・クリュ(格付け90~100%クリュ)

背景

・ドメーヌの歴史
ステファン・エルベールは、モンターニュ・ド・ランスのリリー・ラ・モンターニュで4世代続くブドウ栽培の一家に生まれました。
幼少の折より、祖父や父の姿を見て育ち、ともに働き、学んだステファン。物心ついたころからワイン造りへの道を歩み初め、気づけば身も心も、その世界にすっかり魅了されていました。
父のワイナリーでしばらく働いたのち、1996年、妻のヴィルジニーに支えられ、ステファンはワイン生産者として独立することを決意。
その後、2000年に自身のブランド:ステファン・エルベールを立ち上げるに至りました。彼のワイン造りへの愛は、生産者としての職人気質だけには留まりません。
ステファンとヴィルジニーの、より多くの人に本物のシャンパーニュを知ってもらいたいという強い願いは、フランス国内のみならず、ヨーロッパ全土の新しい顧客層の心を動かしました。
特にイタリア、日本、オーストリアに多くのファンを持つことでも知られています。

・生産者のこだわり
「幼少時代の淡い思い出といえば、ブドウ園での労働、自然への止むことのない敬意、それからワインへの愛情。
それらは最初、祖父に教わり、その後父の姿に習い、気がつけば、どんどんワイン造りという仕事の虜になっていました。
人生で初めてコップ一杯のシャンパーニュを飲んだ日のことを、今も昨日のことのように覚えています」と語る、ステファン。
「最初に飲んだシャンパーニュは、ひとくち口にした瞬間、心と身体に言い尽くせない『ときめき』と喜びが沸き立ちました。魔法にかかっちゃったんじゃないかと思うほど。
あのとき初めて『アロマ』という言葉の本当の意味を、理解することができたんです。そしてその瞬間、なんとなく心にもやもやしていたものが、確信に変わりました。
ワイン生産者として生きよう、と。」—自身のブランドが一躍有名になった今でも、ワイン造りへの心の礎を、決して忘れる日はありません。
そんなステファンが、彼のシャンパーニュのエスプリに最も重要な影響をもたらすとしているのが、「アサンブラージュ」と呼ばれる、調合の過程。
収穫から年が明け、一次醗酵が終わり最初の澱引きが行われる、翌2月。この時期は毎年、醸造コンサルタントとともに、自身の経験と才能の粋を集める、一年で最も大切な季節のひとつです。
アサンブラージュとは、収穫年も、品種も、テロワールも異なる原酒を調合し、各ワイナリーのブランドイメージや求める世界観に合った味わいを創造すること。
シャンパーニュ地方には、このブレンドに無限のバリエーションがあると言われています。ステファン・エルベールでは、このアサンブラージュこそが、自然のもたらす最高の芸術作品を生み出す瞬間、と考えています。

・テロワールの特徴
フランス北東部、エペルネとランスの間に位置するモンターニュ・ド・ランスは、ひときわ緑豊かな地域。温暖な海洋性気候と大陸性の気候が交わるこの地方では、冬の気温が下がることも特徴のひとつです。
豊かな自然に囲まれた山々の急な斜面には、シャンパーニュ用のブドウ畑がどこまでも続き、そのほとんどが、国立公園に指定された区域にあります。
ステファン・エルベールのブドウ畑が位置するのは、そのモンターニュ・ド・ランスのさらに心臓部ともいえる、リリー・ラ・モンターニュ。
シャンパーニュ地方の格付けは、村単位で行われることで知られていますが、リリー・ラ・モンターニュ村は、プルミエ・クリュの格付けを受けた地域です。
総所有面積は、4.5ヘクタール。うち山の中腹に位置する3ヘクタールが、ブドウ畑として開拓されており、土壌は石灰岩、砂質、フリント岩石、粘土質の混合地質。
主に3つのシャンパーニュ品種:ピノ・ノワール、ピノ・ムニエとシャルドネを栽培しています。年間生産高は、35,000本。
また、忘れてはならないステファン・エルベールのポリシーのひとつが、「持続可能なブドウ栽培」。
環境への負荷を配慮し、本来の自然を尊重する手法を、常に開発し続けています。ブドウの畝に、自然のままの雑草を残し、機械除草を最小限に押さえた草生栽培を行うことも、その取り組みの一環です。

・ワインの味わい、特徴など
ステファン・エルベールでのワイン造りの最も根幹となるのは、シャンパーニュ流の伝統を尊重し、生かすこと。
圧搾、醗酵、澱引きから、ボトルにエチケットを貼るまで、すべての過程は、シャンパーニュ地方の技と伝統を受け継いでいます。
また今日では、新しい技術との融合も重要な要素となっています。収穫は、シャンパーニュ地方独自のメソッドを厳格に守って行われ、その後、完全に温度制御されたステンレスタンクにて一次醗酵。
ブドウの品質と収穫年によっては、直接オーク樽で行うこともあります。醗酵は、酸味を和らげ、よりまろやかさを重視した「マロラクティック醗酵」を採用。
その後、コラージュは行わず、濾過のみで透明感と繊細さが増してゆきます。瓶詰め前のリキュール・デクスペディシオンには、サトウキビ由来のシロップを用い、1リットルあたり6gと、極めて微量です。
瓶内二次醗酵後、澱を静かに取り除くためのルミュアージュは、1/8から1/4回転、ジロパレットと呼ばれる機械で行います。その後、−20℃の冷凍槽に瓶口部分を浸し、澱引きが完了です。
樽の中でゆっくり熟成したシャンパーニュは、豊かな樽の香りに加え、ローストされたナッツのようでありながら柑橘を思わせる、複雑な風味が特徴です。

・プチ情報「キュヴェ・ブラン・ド・ノワールとそのシリーズ」
このシャンパーニュ・エクストラ・ブリュットは、典型的なシャンパーニュ品種ピノ・ノワールと、フルーティーさが特徴のムニエを組み合わせた、ユニークな存在。
実はこのキュヴェのオリジナルバージョンには、大変美しい、つや消しアルミニウムメタルの特別なエチケットが施され、コルクには、ひとつひとつシリアル番号が刻印されていました。
これは、パリの宝石店:アルテュス・ベルトラン社が、100周年記念を迎えた際、特注品として生産されたもの。ところが以後、このシャンパーニュが評判を呼び、キュヴェ・ブラン・ド・ノワールとして、復刻されるに至りました。
「ノワール」は、「黒色」を意味し、リリー・ラ・モンターニュの黒ブドウのみを使用していることに由来しています。

基本情報

タイプ スパークリング
サイズ 750ml
年代 NV
品種 ピノノワール, シャルドネ, ピノムニエ
テイスト やや辛口
生産国 フランス
地方 シャンパーニュ
地区 モンターニュ・ド・ランス
アペラシオン シャンパーニュ
格付 プルミエ・クリュ

レビューを投稿する

レビューは会員のみが投稿可能です。ログインもしくは会員登録をお願い致します。

商品の比較

比較する商品はありません

4本以上で送料無料

会員登録で500円クーポンプレゼント