Zoom

前へ 次へ

《メドック第2級》シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランド 2006 赤

在庫状況: 在庫あり

22,680円(税込)

商品の概要

このワインは「ポイヤックの貴婦人」という呼び名で知られるように、

まさに「女性的」なワインです。



メルローの比率が35%と高く、滑らかな口当たりと、膨らみのある柔らかい味わい、

アルコールの温かみを感じさせ、エレガントな余韻を残した上に、新樽比率を敢えて50%に抑えることで、

よりフルーティーに仕上げたことから、上記の呼び名で愛されている銘柄となっています。



またもう一つの特徴として、

寿命が長く、10~25年熟成できるタンニンとコクも持ち合わせています。



優しさとたくましさを併せ持つ、「しなやかな女性のようなワイン」と言えるこの逸品は

女性への贈り物や記念日に飲むワインにも最適です。



常に安定した高い品質を維持しているため、飲み手の期待に応えてくれるワインとしてオススメできる1本でしょう。

4573126210241

この商品の最初のレビューを書きませんか?

ボリューム軽い■■■□□重い
タンニン控えめ■■■□□強い
甘 みドライ■■□□□甘い
酸 味まろやか■■■□□シャープ
果実味スパイシー■■■□□フルーティ
年 代2006
容 量750ml
品 種カベルネソーヴィニヨン/メルロ/カベルネフラン/プティ・ヴェルド
テイストミディアムボディ
アペラシオンポイヤック
格 付メドック2級

背景

「現在ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは間違いなく最も人気が高く、
1978年以降ポイヤックで最も一貫して秀逸なワインとなっており、ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともある」
(『ボルドー第四版』より)

2006年にルイ・ロデレール社が買収し、運営しているこのラランドの流儀は、
“アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がってくる圧倒的なボリューム感、そしてフィニッシュには遠慮しない”
ということで知られています。

その女性的でエレガントなスタイルは、男性的なピション・バロンと比較され、「ポイヤックの貴婦人」と形容されます。

基本情報

タイプ
サイズ 750ml
年代 2006年
品種 カベルネソーヴィニヨン, カベルネフラン, メルロ, プティベルド
テイスト ミディアムボディ
生産国 フランス
地方 ボルドー
地区 メドック/オーメドック
アペラシオン ポイヤック
格付 メドック第2級

レビューを投稿する

レビューは会員のみが投稿可能です。ログインもしくは会員登録をお願い致します。

商品の比較

比較する商品はありません

4本以上で送料無料

会員登録で500円クーポンプレゼント